梅雨

梅雨時期のカビ対策!便利なグッズやアイテムはあるの?

 

梅雨の時期になると本当に困るのが「カビ」が発生する事です。

 

特に主婦の方はその大変さを感じていると思いますが、何故、梅雨の時期になるとカビが多く発生するのか?そのメカニズムって何なの?と言う疑問も湧いてきますよね。

 

また、梅雨時期のカビを防止したり、対策したりする上で、便利なグッズやアイテムにはどんな物や商品があるのか?知りたいですよね。

 

自分でカビ対策って、そもそも出来るんでしょうか?

 

 

 

 

ここでは、そんな梅雨の時期に何故、カビが多く発生するのか?カビ対策や防止に便利なグッズやアイテムの紹介。また、自分で出来るカビ対策の方法などについて紹介していきたいと思います。

 

自宅の中で、どんな場所にカビが発生するのかも意外に知られてない場所もあったりします。水回りだけ注意すればいいと言う訳にはいかないんですね。実はこんな場所にもカビが・・・考えただけでも怖いです(汗)

 

これから訪れる梅雨に向けて、今からしっかりと作戦をねって対策しておきましょう!

 

 

 

 

梅雨の時期はどうしてカビが多く発生するの?

梅雨 カビ 防止

 

どうして梅雨の時期にはカビが多く発生するのでしょうか?

 

カビ発生の主な原因に「湿度と温度」「ホコリ」「ダニ」の関係が挙げれれます。

 

カビは多湿でジメジメとした場所を好みます。湿度70%以上で気温も25度から30度になる梅雨の季節はカビにとって絶好の繁殖時期です。しかも連日のように雨が降り、お布団を干せなくなってしまう梅雨の季節はダニが繁殖してしまいがちです。

 

ダニは人間の汗や皮脂を食料にして生きていますから、こういったダニのエサを放置しっぱなしでいると、ダニの動きが活発になり死骸やフンが増えてしまいます。

 

ダニの死骸やフンはカビ発生の元凶です。さらにお掃除もお座なりにしているとホコリとカビと結びついて空気中に漂います。そうするとカビが部屋中飛散してしまい、ますます厄介なことになってしまいます。

 

こういった悪い環境が作り出す悪循環によって梅雨の時期にカビが大量発生してしまうのです。

 

 

 

カビ対策に便利なグッズやアイテム

 

 

カビの生えやすい場所ベスト3はズバリ、

 

  • じめじめした寝室の布団の下
  • 高温多湿の浴室周り
  • 室温と外気温に挟まれる玄関

 

でしょう。

 

布団と床の間は特にカビの発生が多い場所です。布団の下にすのこを敷き、床と布団の間に隙間を与えることで風通しが良くなりカビが発生しにくくなります。

 

ここで、カビ対策に便利なグッズや対策をご紹介いたしましょう。

 

 

部屋干しトップワンパックタイプ25g×5袋

 

菌の発生原因となる洗濯物を寝室で干している場合は、部屋用の洗濯剤を使いましょう。部屋干し用には、あの生乾きの嫌な匂いを防いでくれたり、殺菌作用がありますので菌が繁殖しにくいのが特徴です。

 

 

ライオンルックおふろの防カビくん煙剤

 

浴室は高温多湿の場所です。どんなに水分を拭き取るよう努力してもカビは発生してしまいがちです。

 

カビが生えてしまったけど、漂白剤でごしごしするのも少しめんどくさい。そんな時は、「ライオンルックおふろの防カビくん煙剤」がお薦めです。銀イオンの煙で、浴室の黒カビを除菌することができます。

 

黒カビを再度生えにくくするも効果もあり、効果が長続きします。煙で殺菌するのでお風呂場の隅々まで除菌ができるメリットがあります。浴室に水分を残さないことがカビの発生を防ぐポイントです。

 

お風呂場に換気扇がなく水分が乾燥しにくい場合はマイクロファイバーの布などできれいに水滴を拭き取りましょう。

 

 

備長炭ドライペット 400ml×3個パック

 

湿気がたまりやすい玄関。特にアパートやマンション住まいの方は、この季節、ひどい結露でお悩みでしょう。

 

少し油断したすきに下駄箱の中がカビだらけになってしまっては、お気に入りの靴も台無しになってしまいます。そんな事態に陥らないために、下駄箱の中には常に湿気取りを入て置くことをおすすめします。特に湿気の多い場所については新聞紙を敷くなどして、湿気がこもらないような工夫が必要です。

 

 

 

自分で出来るカビ対策について

梅雨 カビ対策 グッズ

 

カビ対策のアイテムやグッズはいろいろとあるのですが、ここでは、自分で出来るカビ対策について紹介していきます!

 

 

1.朝起きたらまず換気をしましょう。

 

窓を開けてお部屋のジメジメした空気を外に追い出します。空気の入れ替えをするだけでかなり湿気対策に有効です。

 

 

2.部屋を小まめに掃除しましょう。

 

ほこりだらけ、カビが多く発生している部屋にこもっていると健康を損なってしまうこともあります。晴れている日を狙い必ず布団は天日干しにして、カビのエサとなるダニの死骸やホコリは、強力な掃除機で吸い取りましょう。

 

 

3.空気清浄器で部屋をクリーンに!

 

空気清浄機を付けてお部屋の中をできるだけクリーンに保つことを心がけてください。

 

 

4.お風呂上りは換気扇を回して浴室化をしっかり乾燥!

 

お風呂場に換気扇がない場合は余分な水分や、湯垢を拭き取り取るなどして黒カビの発生元抑えましょう。浴室をカラッと乾燥させておけばカビが生えることもありません。防犯が心配ない場合は「窓」を開けるのも当然良い対策です。

 

 

その他では、玄関に窓がない場合は、玄関に風が通りやすくするため廊下続きの窓(トイレなど)を開けて置く必要があります。玄関の一角に少しでも湿気がこもりにくくすることで、カビ発生の予防に繋がります。

 

 

 

まとめ

梅雨 カビ 対策

いかがだったでしょうか?

 

毎年毎年、梅雨の季節にカビなどで頭を悩ませている方も、便利なアイテムやグッズ、自分で出来る対策法を施しながら、お手入れ上手に変身したいものですよね。

 

梅雨時期のカビ対策って、実は以外にも地味な作業が多いです。

 

洗濯物やお風呂場、トイレや寝室など、主婦が普段から掃除している諸々の場所を更に気を遣いながら掃除したり換気をよくしたりなど、本当に大変だと思いますし、重労働です。

 

だからこそなのですが、ママが一人で全てを行うのではなく、家族のみんなで協力する事が必要だと思います。

 

お父さんはベットやタンスに隙間を作って換気を良くしたり、子供たちはお風呂の換気扇やトイレのドアを注意して開けておいたり、玄関や靴入れをおじいちゃんや、おばあちゃんに見てもらったり、家族全員が協力して梅雨のカビ対策に取り組んでいくことが、お母さんの負担を減らす意味でも大切じゃないかなと思います。

 

今年の梅雨時期の悩みや問題も、みんなで乗り切って行きましょう!