梅雨の対策ガイド@体調や食事・髪の悩みを解消しよう!

梅雨の時期になると、様々な問題や悩みが起こりますが、梅雨対策、あなたはどの様にしていますか?

6月に入ると南の沖縄を始めとして、北は北海道までの日本中が「梅雨」の時期に入りますね(俗に言う梅雨入り)。昔は北海道に梅雨はない!なんて言ってましたが、気候が変わったのか、地球温暖化のせいなのかわかりませんが、梅雨はあります。

梅雨明けは7月中旬から下旬頃になり、約1ヶ月から2ヶ月の間が平均的な「梅雨時期」にあたります。

気象庁が行う「梅雨入り」や「梅雨明け」の宣言がいつ頃の時期に出るか、かなり気にしてる人はいるのではないでしょうか。

梅雨の期間はとにかく雨が続く日が多く空もどんより曇りがちで湿気が多くなる季節ですら、皆さん、食事による食中毒や体調不良などに気を使っている事と思います。

また冬の様に空気が乾燥しているのではなく、湿った環境になりますから、髪のセットやお手入れに悩む方も多いのがこの時期特有の問題でもあります。

今回は「体調不良」や食事による「食中毒」さらに「髪の毛」の悩みやトラブルに対する梅雨の対策について紹介していきたいと思います。

体調不良の原因や健康管理の仕方

梅雨 対策 体調

梅雨 対策 体調

梅雨になると「体調不良」を訴える方々が非常に多くなります。

原因としては、梅雨時期は気圧が下がるので、体内の「ヒスタミン」が増える為です。このヒスタミンが増えると体に様々な変化や問題が起こりやすくなります。

例えば・・・・・

・血管を拡張させる働きがあり、血管が拡張されると「血圧」が下がる。
・血管から水などを周辺に出してしまう作用があるので、「むくみ」が起こりやすくなる。
・血行不良や「むくみ」に伴い、疲労物質が溜まりやすく、

筋肉や神経がとても敏感になり、痛みに過敏に反応します。
・交感神経へ逆の指令が出るなどして、自律神経失調症などのパニック状態になりやすくなります。

上記のようにヒスタミンが増加する事で体調不良や健康に問題や悩みを起こしやすくなるんです。

では、梅雨期間の体調不良や健康管理は、はどの様に対策すると良いのでしょうか?

一番効果が期待できる仕方としては、「お風呂に入る事」です。

お風呂に入って血行が促進される事により、体内に溜まった水分や疲労物質、老廃物が排出されやすくなります。デトックス効果も大きく期待できますので、あったかいお風呂にゆっくりと浸かりながら、血液の流れを良くしてあげましょう。
梅雨のシーズンに温泉が人気になるのは、実は体調不良を何となく感じる方々が多いからだとも言われています。

さらに、お風呂上がりに「マッサージ」をしたりするのも、非常に効果的です。
服装はなるべく締め付けや圧迫感のないファッションにする様に心がけましょう。
体調不良ばかりか精神的な病気も注意しなければいけない季節ですから、体調や健康のトラブルを避けるためにも管理の方法を参考にして、十分に対応してくださいね。

食事対策をしよう

梅雨 対策 食事

梅雨 対策 食事

梅雨の時期になると湿気が多くなるために「食中毒」に注意しなければいけません。
食事や食べ物のトラブルで多いのが食中毒でもありますが、梅雨のシーズンは本当に多いです。

その日に作った「おかず」や「ごはん」でも昼食や夕食を食べる頃には「異臭」や「ぬめり」「味の変化」など感じて吐き出す事もあるくらいですから、本当に用心しなくてはいけないので神経を使います。

食中毒になると下痢や吐き気(嘔吐)めまいなど引き起こすので、病院で診察や治療が必要になる場合もあります。

原因としては湿度や湿気が高くなるために、「細菌」や「ウイルス」の増殖するためです。細菌は食べ物の中で増殖しますし、ウイルスは体の中で増殖しますから、梅雨の対策としては、食事をつくる場合は徹底して衛生管理に気を使わなくてはいけません。

まな板や包丁などを介して細菌やウイルスが付着する場合が多いので、こまめに洗剤で綺麗に洗ったり、出しっぱなしにしておかない等の対応を心がけましょう。

それから、常に冷蔵庫を使って管理したり、冷凍食品をうまく利用するのも一つの対策です。
テーブルの上に食べる物や食べた物を出したままにして置くと、食物が傷んだり、腐ったりしやすくなるので「冷蔵庫」を使って出来る限り管理したり、冷凍食品を冷凍庫にストックしておいて利用するように気を使いたいですね。

また、買い物も工夫しましょう!

デパートやスーパー、コンビニで食事の買い物を買い出しする際に「保冷バック」を持参してみてはいかがでしょうか?肉類や魚、乳製品などは持ち歩くだけでも腐りやすい季節ですから、手頃な大きさの保冷バックを用意して買い物に行かれてみるのも効果的な梅雨の対策になりますよ。

髪の悩みと解消方法

梅雨 対策 髪

梅雨になると一番多い悩みが「髪の毛のトラブル」ではないでしょうか?

特に女性は髪がパサついたり広がりやすくなり、セットが乱れがちになります。また、くせ毛の人ほど髪が縮まったり、うねったり、クルクル巻かさったり、抜け毛や切れ毛、枝毛も多くなるので非常に髪が乱れやすくなり、ヘアスタイリングが決まらず悪戦苦闘する人が本当に多いシーズンになります。

梅雨の時期に髪のトラブルが多くなるのは実は髪のダメージが原因でもあります。

髪のキューティクルにダメージがあるダメージヘア症状にとして「うねり」や「クセ」が現れるんです。

効果的な対策としては、髪のキューティクルを修正してバリヤ機能を強化する必要があります。
それから、髪を外側からコーティングして外気の影響を受けにくくする対策も非常に効果的であります。

一番簡単な方法としては「トリートメント」でケアする事。トリートメントも付けてから、2~3分放置した後に洗い流すと良いです。

また、ドライヤーで髪を乾かす時も、完全に乾くまでドライヤーをかけまくるのではなく、8割程度乾いたら、後は冷風に切り替えて髪の毛全体に当ててあげると、キューティクルが引き締まって整える事が出来ます。この時はクシは必要なく、毛先に向かって手ぐしでとかしながら行うと非常に効果的に仕上がりますよ!

それから、ブラッシングの仕方でキューティクルも整うんです!ブラッシングは頭皮の血行を良くするので、あまり力を入れすぎず、毛根から毛先に向かって優しくとかして下さい、毛先がひっかかったり、毛玉が出来てる場合は、自分で切ってあげると良いですよ!

まとめ

梅雨 対策 時期

梅雨の対策として、体調不良や食事(食中毒)、髪のトラブルなどの原因と対策を紹介してみました。

梅雨入りは沖縄から始まり、福岡、広島、大阪、名古屋、静岡、東京、長野、宮城、秋田、青森、北海道といった感じで時期が違いますが、平均的には6月から始まり、7月下旬に梅雨明けが宣言されます。

1ヶ月~2ヶ月の間、雨や湿気が多く曇り空ばかりで太陽がなかなか見られずどんよりしてる割には気温も高いですし、湿ってジメジメした時期が続くので、健康や美容などの悩みは本当に多いですよね。

体調不良や健康に関しては精神的なことも含めて、とにかく自律神経のバランスを整えるように心がけましょう。お風呂や温泉は本当に良いですし、血行促進に繋がる様な適度な運動も非常に効果的です。血液の流れを良くして体の老廃物を排出するように努力したいですね。

食事の面ではとにかく衛生的にする事を心がける事です。調理器具のお手入れや管理を徹底して、食事はテーブルの上に出しっぱなしにせず、出来るだけ冷蔵庫や冷凍庫で保管できる献立を考えたり、買い物の時は保冷バックを持参して行くのも効果的な対策になりますよね。

美容面ではやはり「髪」のトラブルですね。くせ毛の人ばかりでなく、パサついたり広がったりする人もそうですが、髪のキューティクルを守ったり整える事が一番大切です。

トリートメントやドライヤーの使い方、ブラッシングなど、対策方法は色々とあります。ここでは紹介しきれませんでしたが、ストレートパーマをかけて、トリートメントも美容室で施してもらうのも大きな効果が期待できます。

今なら「梅雨対策グッズ」も楽天やデパートで売られていますので、いずれこのサイトで紹介したいと思います。

梅雨の対策の方法や仕方、やり方には色々な工夫が必要ですが、頑張って今年も梅雨を乗り切りましょう!!