オーストラリアへ修学旅行に行くなら!持ち物や服装、お勧めのお土産など紹介!

最近の高校生たちの修学旅行で多くなってきているのが海外旅行。とくにオーストラリアが多いようですね。

オーストラリアの知識といえば、カンガルーやワラビーのいる広大な土地、見渡す限りの青い海!

あとは…

んん~、あまり思い浮かびません…

暑そうだとは思いますが、気温って何度くらいなの?

服装は半袖?長袖?

海外旅行でなにか必要なものってあるの?

心配しだすときりがないくらいです。

せっかく遠い遠いオーストラリアまでいくのですから、楽しんでくるのはもちろん、帰ってきたときのお土産も大切ですよね!

今回は修学旅行先がオーストラリアになった人のために注意事項などをまとめましたので、参考に。

オーストラリアの修学旅行で必要な持ち物


オーストラリア 修学旅行 持ち物

楽しみなオーストラリアへの修学旅行ですが、必要な持ち物は何があるんでしょうか?

オーストラリアは当たり前のことですが、外国です。

全く日本とは勝手が違うので、もし忘れ物があっても向こうで買いそろえることは困難です。

ですので、胃薬や酔い止めなどの常備薬は持っていくに越したことはありません。

食べ物が違うので、もし普段からおなかの弱い人に胃腸薬は必須です。

そして意外と重宝するのが絆創膏。

少し切ったとか、靴ずれしたときなんかにあれば便利です。

絆創膏って、すごく高かったりして手に入りにくいんですよ…

女の子は生理の日が近くなくても必ず生理用品を持って行きましょう。

環境が変わるのでもしかしたら、ということがあるかもしれませんし、他の子が足りなくなったりした時に分けてあげられます。

お互いに助け合いが必要ですよね~。

あとは、財布です。

普段使っているものではなくて、旅行用に手軽なものを用意しましょう。

首からさげて、服の中に入れられるタイプがベストです。

首からぶら下げるだけでは防犯上危険ですから、服の中にいれておくと安心です。

安いものをもうひとつ用意しておくとなお安心です。
思い出を残すためのデジカメも、電池が無くなっては意味がありません。

何気に忘れてしまいがちですが、替えの電池やバッテリーを持って行っておきましょう。

どんな服装が適しているのか?


オーストラリア 修学旅行 服装

オーストラリアへ旅行に行く際の服装はどんなものが適しているのか、まずは季節面から見てみます。

修学旅行に行く時、こちらの季節では秋、オーストラリアでは夏です。

こちらを出発するときには肌寒くて、向こうに着くと暑いなんて、難しいですよね~。

しかもオーストラリアはとても広いので場所によって気温が全然違います。

自分の行く都市をインターネットで調べて、気温をチェックしておくといいでしょう。

飛行機の中が以外と寒かったり、朝夜の寒暖差がかなりあったりするので、カーディガンなどのサッと羽織れる服は必ず持っていきます。

また、旅行中はたくさん歩きますから、履き慣れた靴でいきましょう。靴ずれしてしまったら歩くのが億劫になってしまって、全然楽しめません。

おしゃれしたい気持ちはわかりますが、靴ずれだからと甘く見ていたらものすごいストレスになってしまいます。

靴はそのほかに、向こうで捨ててもいいようなサンダルがあると海や砂浜も歩けて便利です。

お土産は何がおすすめ?


オーストラリア 修学旅行 お土産

せっかくオーストラリアまで来たのだから、オススメのお土産もチェックしておきましょう。

珍しいものではワニやカンガルーの肉を使ったジャーキーなども売られていますよ。

そんなに高くないので珍しいお土産を探している人にはオススメ。

数をたくさん用意しないといけない人はマカダミアナッツのチョコレートがけやキャラメルがけがたくさん入っていて、しかも安価でいいですよ。

特別なおみやげといえば、はちみつ。

オーストラリアはいろんな花からとれたはちみつがたくさん売られています。

瓶が多いので、そんなにたくさんもちかえることはできません。

でも周りに料理好きな人がいるなら何個か買うのもいいかもしれません。

そしてオーストラリアでぜひ買ってほしいのが、世界地図です。

いつもの見慣れた世界地図とは違って南極半球と北半球が逆なので、日本ではまず買えません。

自分へのオーストラリアの思い出にいかが?

まとめ

修学旅行で行かなかったらオーストラリアなんて遠いですし、一生行かないかもしれません。

でもその修学旅行の思い出が最高の思い出になれば、何度だって行きたくなるかも。

1度海外旅行に行くと日本の文化とは全く違うので、考え方や価値観が変わることでしょう。

日本の古いしきたりや風習をさらに美しく感じることができますし、日本にはない広大な土地が新しいものを見せてくれます。

そういう、日本に留まっているだけでは知り得ない貴重な体験をするために最近では修学旅行先を海外にするのでしょうね。

高校生活を共にした仲間と行く修学旅行、とっても貴重な体験になりそうです。

今まで勉強した英語を使うことは確実にありますし、そういった意味でも集大成になるのでは?

高校生活で培った語学力と仲間との絆がオーストラリアで試されますよ!

人生一度の修学旅行としてのオーストラリア旅行で素敵な思い出をたくさんつくってきてくださいね!