お祭り

高尾山ビアガーデン2015年の日程!混雑状況や服装をチェック!

 

東京都八王子市にある高尾山は一年を通して多くの登山者が訪れる人気の山です。

 

新宿から登山口まで電車で約1時間15分!その交通アクセスの便利さもあり休日ともなれば多くの登山者や観光客でにぎわいます。

 

高尾山には自然探究路として渓谷コースや尾根コースなど何本ものコースがあり、水辺やブナ森、山野草など武蔵野のさまざま自然が楽しめます。

 

この東京のオアシス高尾山にビアガーデンがあるのをご存知ですか?

 

 

ケーブルカーで高尾山展望台に行かれた方はご存じでしょう。

 

トラッキングの愛好家で6号路の渓谷を楽しんでいる人の中には、高尾山にビアガーデン?と驚かれる方もおられるかもしれませんね。

 

高尾山にはあるんです・・・ビアガーデンが!

 

高尾山ビアマウンテンは今夏開業50周年を迎えます。

 

高尾山中腹標高500メートルにある高尾山ビアマウントは都心の超高層ビルを中心に関東平野を見渡す絶景の一大パノラマが眺められるビアガーデンです!

 

北から奥秩父連山、日光連山、筑波山、都心の高層ビル群と東京タワー、そして横浜ランドマークタワーまで関東平野の一大パノラマが一望できる絶景スポット。

 

「おかげさまで50周年 高尾山ビアマウント 感謝のおもてなし」と銘打って開催される2015年高尾山ビアガーデンの日程・場所、混雑状況、服装などについてご紹介します。

 

 

 

高尾山ビアガーデン2015年の日程や開催場所について

 

 

高尾山ビアマウントは夏期のあいだケーブルカー高尾山駅近くで開催されるビアガーデンです。

 

ケーブルカー高尾山駅は展望台のある高尾山中腹にあり標高は500m。

 

(住所:東京都八王子市高尾町2205)

 

<開催期間>

 

2015年6月15日(月)~10月15日(木)

 

<営業時間>

 

平日 15:00~21:00

 

 8月13日(木)14日(金)  13:00~

 

土・日・祝日 13:00~21:00

 

 6月20日(土)~7月12日(日)の土日 14:30~

 

<利用料金>

 

2時間制バイキング(税込)

 

 男性(高校生以上)       3,500円

 

 女性(高校生以上)       3,300円

 

 中学生            2,500円

 

 小学生            1,500円

 

 幼児(3歳以上小学生未満)   500円

 

 

 

混雑状況や混み具合を紹介

 

 

最近は山登りやトレッキングが人気で、都心から1時間の高尾山は週末ともなれば大変な混みようになっています。

 

トレッキングを楽しむのにしてもケーブルカーやリフトで中腹まで上がって展望台からの眺めを楽しむにしても少しでも人混みを避けたいのならできる限り早めに行くことをおススメします。

 

高尾山駅から山頂までは約1時間40分です。

 

休憩を入れてゆっくり上るにしても2時間あれば山頂に着きます。

 

山頂から高尾山ビアマウントのある中腹までは40分。

 

ケーブルカーの所要時間は6分です。

 

8時から運行しますがそのころから混みます。

 

土日なら高尾山ビアマウンテンにはオープンの1時間前の12時には着くようにしてください。

 

その頃には開店を待つ人が並び始めます。

 

絶景が見渡せるいい席に座るために早めに行って並んでくださいね。

 

長蛇の列になる前にですよ。

 

 

 

服装はこんな感じで登山に挑もう!

 

 

山登りが楽しめる自然に囲まれた高尾山。

 

登山用の服装が必要かしらと思われる方もいるでしょう。

 

しかし、高尾山はとても整備された初心者でも登りやすい山です。

 

晴れていればぬかるみの心配もありません。

 

本格的なトレッキングシューズでなくても滑りにくい靴底であれば登れます。

 

ただ6号路では沢の飛び石が濡れているのでトレッキングシューズを用意してください。

 

都心との気温差は2,3度というところです。

 

渓谷のルートは少し肌寒く感じることもありますから薄手の羽織れるものを1枚用意した方がいいでしょう。

 

歩き始めたらすぐ汗をかきますから、通気性のよいシャツを用意してください。

 

着替えも必要です。

 

けが防止のためズボンででかけましょう。

 

山道では休憩をとります。石の上や地面に座わりますから、破れにくいズボンを選んでくださいね。

 

そしてなにより炎天下の山登り、暑さ対策が最も重要ですね。

 

帽子は必需品です!お忘れなく。

 

 

 

まとめ

 

 

今年50年を迎えた高尾山ビアマウントは関東平野を囲む奥秩父から筑波山の連山と都心の超高層ビル群と横浜から広がる相模湾、江の島をも見渡す一大パノラマはまさに絶景!

 

盛夏の夕涼み、この眺望はまさに1000万ドルの夜景です。

 

高尾山ビアガーデンに今年はチャレンジしてみてはいかがでしょうか!