坂戸よさこい祭り2015年の日程!会場やホテル予約はここ!

埼玉県坂戸市のお祭り、「坂戸よさこい祭り」ってご存じですか?

第1回の参加チーム数は67チーム、約4,600人の参加者の方で盛り上がり、2万人の人出で坂戸の街が賑わった、地域に愛されているお祭りです。

また、東日本大震災をはじめとした、全国各地で災害の被害にあった方たちに元気を届けたい!という願いも込められているので、とってもエネルギッシュ!

参加している人も見学している人も元気になれます。

そもそもはじまったきっかけとしては、2001年に市制施行25周年を記念して開催された「坂戸市民まつり」だそうです。

今回はそんな坂戸よさこい祭りの日程や会場、おすすめのホテルをご紹介します!

2015年の「よさこい祭り」日程!

2015年の日程が発表されました!

2015年10月9日(金)~11日(日)です。

去年までは8月に開催されていましたが、第15回である今回からは10月に変更になりました。

8月だと夏真っ盛りですので熱中症や日射病が気になってしまいますが、10月の上旬だとちょうど過ごしやすそうでいいですね。

秋なので食べ物もおいしい季節ですから、ご当地グルメがたのしみですね!

9日は前夜祭になっていて、本祭りは10日と11日の休日ですので、お仕事の休みが土日しかない人も焦らなくて大丈夫ですよー。

踊りが開催される「会場」の情報

肝心の踊りが開催される「会場」の情報ですが、坂戸よさこい祭りの会場は大きく分けて二種類に分けられます。

それが、踊りながら街を練り歩くパレード会場と、設置されたステージ上で踊りが披露されるステージ会場で、それぞれ違った雰囲気が楽しめます。

ステージ会場

坂戸市文化会館大駐車場

ステージでは、各チームの活気に満ち溢れた踊りが行われ、パレード会場とは一風異なる雰囲気を楽しめます。更に、全国各地の特産品や地元商工農団体等による多くの出店があるので、いろんなグルメを味わいたいならぜひココですよ!

パレード会場

坂戸市文化会館「ふれあ」前から元町交差点までの県道、坂戸駅北口から北坂戸駅東口までの市道、坂戸駅南口(前夜祭のみ)の市道の一部など、なんとパレードの会場はひとつじゃないんです!坂戸の街中に演舞会場が設けられていて、色とりどり、個性豊かな衣装を身にまとった踊り子の人たちが流し踊りを披露してくれます。

踊り子を先導する「地方車」は音響・照明が搭載されていて、暗くなったころに見ると華やかなパレードを見ることができます。せっかくなのでどちらも存分に楽しんでくださいね♪

坂戸よさこい祭り見るのに便利なホテルはここ!

坂戸よさこい祭りをもっと楽しための便利なホテルもご紹介しちゃいます!

よさこい祭りは遅くまでスケジュールがありますし、2日にわたって開催されるので近くにホテルをとって泊りがけで行くのがオススメです。そうすればお酒も飲めますしね♪

・ホテル サンロード

とにかく坂戸駅に近いんです。なんとその距離はホテルまでの時間にして約徒歩2分です。駅から近く、荷物があってもすぐにつきますし、迷うこともないので坂戸に行ったことのない人にはおすすめですよ♪

・坂戸グランドホテルウィン

このホテルは車移動の人におすすめのホテルです。場所が関越自動車道鶴ヶ島I.C 降りてすぐのところにあるので、アクセスがスムーズに行えます。また、最近になって東名高速道路・中央自動車道・関越自動車道が圏央道によって結ばれたので、アクセスが更によくなりました。

・若葉ビジネスホテル

会場までは少し遠いですが、坂戸駅の隣の若葉駅まで徒歩3分という近さです。ホテルの周辺にはスーパーや遅くまで開いているファーストフード店もあるので、
食事には便利です。会場から離れているので騒がしさもないのが利点ですね。

まとめ

よさこい祭りの由来は「夜さこい」からきているそうで、今年の予定はまだでていませんが去年まではオープニングが11時頃、出し物やパレードは昼過ぎから行われます。

これなら朝もゆっくり出掛けられますね♪

土曜日の夜は結構遅くまでスケジュールがあるので、一日まるっと楽しむことができますし、特産品や出店もたくさんでるので食べ歩きもおすすめです♪

パレードや出店を見て回るだけで何気にたくさん歩くことになるので、疲れない靴で出掛けると快適かも。

それに、やはり夜は少し冷え込むので、薄手の上着もあればもっと快適に過ごせると思いますよ!

楽しむのはもちろん大歓迎ですが、お酒を飲みすぎてハメを外しすぎたり、ゴミを散らかしたりのルール違反は絶対ダメです!

最低限のルールをまもって、みんなでたのしいお祭りにしましょう♪