熊谷うちわ祭り2015年の日程や穴場は?駐車場はここがオススメ!

熊谷うちわ祭りをご存知ですか?

埼玉県熊谷市で行われている八坂神社の例大祭なのですが、12台の山車・屋台が熊谷囃子とともに市街地を巡行する絢爛豪華な関東一の祇園祭と呼ばれています。

その昔、祭りの最中に赤飯を炊いて振舞っていたものを、ある時料亭の主人がうちわを配ったことが評判となり、それから各商店でもうちわを配るようになったことが祭りの名前の由来なのだそうです。

うちわ祭りの存在を知らなかった方にもお祭りを楽しんでいただけるよう、うちわ祭りの基本情報から穴場スポットまで使える情報を集めました。

是非、参考にしてくださいね!

2015年、熊谷うちわ祭りの日程


熊谷うちわ祭り 日程

熊谷うちわ祭りは、毎年7月19日から23日までの5日間行われています。曜日によって変動することはありません。

ただ、山車と屋台が出るのは20日から22日までの3日間となっていますので、お祭り見学はこの3日間に行かれることをおすすめします。

また、露天の出店は21日と22日しか出ないそうなので、出店の食べ歩きなども楽しみたい方はご注意ください。

日にち別の詳細スケジュールは次の通りです。

7/20 19時~ 熊谷駅北口・東口

初叩き合い:すべての山車と屋台が駅の北口広場に集結し、3日間の叩き合い(それぞれの山車や屋台を競い合わせるお祭りのメインイベント)のスタートを切ります。

7/21 13時~ 国道17号

巡航祭:国道17号が歩行者天国となり、そこを12台の山車と屋台が巡航します。

7/22 20時~ 行宮(お仮屋)

すべての山車と屋台が各所で叩き合いを行った後にお祭り広場へ集結し、曳合せ叩き合いで祭りのクライマックスを迎えます。

その後前年の年番長大総代から年番長、迎え年番長へと「年番札」を送り渡す年番送りが行われ、還御発與祭を執り行った後24時から熊谷祇園会300人の手によって神輿が本宮へと担ぎ送られます。

うちわ祭りの会場や穴場スポットはどこ?

本宮と呼ばれる八坂神社は上熊谷駅近くの熊谷市鎌倉町にありますが、実際に山車と屋台が巡航するのを見るには、上記にあるように国道17号が中心となります。

22日の曳合せ叩き合い等が行われる行宮(お仮屋)の場所は、普段は熊谷市役所通りと、星川通りが交差する交差点のあたりになるのですが、この交差点がお祭りの3日間だけお祭り広場となります。

混雑状況は、やはり夜の叩き合いがある20日と、22日は大変な混雑となるようですので、できるだけ混雑を避けたいという方は、昼間に巡航する21日を狙ってみるといいかもしれません。

穴場スポットはなんといっても国道17号沿いにある八木橋デパートの周辺です。

このエリアは数多くの山車と屋台が行きかう場所ですので、迫力ある巡航を見物するのにはもってこいのスポットとなります。

また、祭りの期間中は敷地内にビアガーデンも開かれるようなので、ビール片手に叩き合いを見物するというのも暑いこの時期にはたまらないですね。

駐車場はこの辺りがお勧めです!


熊谷うちわ祭り 駐車場

お祭り会場周辺にはたくさんの駐車場があります。

中でもお勧めなのは熊谷駅の北口と南口にあるオーク駐車場です。

北口のオーク駐車場にはくまがや館が併設されているため、お茶休憩・トイレ休憩ができ、お子さん連れの方にも安心かと思います。

また南口のオーク駐車場は屋根つき駐車場なので、猛暑の熊谷で長時間駐車するのにも安心です。

駐車場にお金をかけたくない!という方には、なんと無料駐車場と、そこからお祭り会場への無料送迎バスも運行されています。

祭り期間中は熊谷スポーツ文化公園臨時駐車場が無料で開放され、そこからお祭り会場までの間を15分~20分間隔で無料送迎バスが運行します。

しかしどの駐車場も混雑が予想され、特に会場近くの駐車場はお昼ごろには満車になってしまいますので、お車で行かれる方は時間に余裕を持って向かうようにしてくださいね。

まとめ

毎年延べ70万人の見物客が集まる関東でも最大級のお祭りですので、当日の混雑は相当なものが予想されます。

しかし三日三晩かけてライトアップされた勇壮な山車と屋台が街を巡行する、見ごたえある迫力満点のお祭りは間違いなく一見の価値ありです。

まだ行ったことがないという方も、ぜひ今年は熊谷うちわ祭りで熱く盛り上がってみませんか?

行かれる際には暑さ対策を忘れずに!