お中元

暑中見舞いの時期はいつ?マナーや文例、例文もチェック!

 

毎年、夏になると送られてくるのが暑中見舞い

 

ちゃんと自分からも送っていますか?

 

相手から送られてきた暑中見舞いの返事を書くのは絶対ですが、親しい人や恩師などに送るのはとても大切なことだと思います。

 

でも、暑中見舞いのマナーが厳しそうとか、どんなことを書いたらいいのか分からなくて送るのをやめている人も多いのでは?

 

 

実はそんなに難しいものでもないんです。

 

夏が近くなるとたくさん暑中見舞い用のはがきも売り出されていますし、お手軽に出すことができますよ。

 

今回は暑中見舞いを書く時期マナーについてまとめました。

 

 

 

暑中見舞いの時期はいつ頃でしょうか?

 

 

暑中見舞いを送る時期は諸説ありますが、「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」が基本的な考えです。

 

ですので、一般的には梅雨明けから立秋までくらいが暑中見舞い、それ以降は残暑見舞いとなります。

 

毎年冷夏だったり猛暑だったり、様々ですので梅雨が明けて少したった一番暑い時期に出すとちょうどいいでしょう。

 

年賀はがきのようにはっきりとした日時は気にしなくてもいいですが、暑い季節に涼しげで風流なはがきをおくるのが暑中見舞いなので季節感を大切にしたいですね。

 

 

暑中見舞いのマナーについて

 

 

暑中見舞いは暑さが厳しい時期に相手の安否と自分の近況を報告するために送ります。

 

その時に注意したいのが・・・・・

 

・全く季節感を感じられない
・自分のことばかり書く
・印刷の文字だけで手を加えない

 

といったマナーです。

 

せっかくの美しい日本の習慣なので、暑さを忘れるような涼やかな暑中見舞いがいいですよね。

 

それに、印刷されているだけではなくて、手書きの絵葉書だったり、それができないとしても、ひとこと直筆で書かれているほうがもらった方も嬉しいものです。

 

 

文例や例文

 

 

暑中見舞いの文章のなかで必ず入れたい文は相手を思いやる文章です。

 

それを入れなければ暑中見舞いを出す意味がないので、必ず入れるようにしてください。

 

 

文例①

 

一般的な暑中見舞い

 

暑中お見舞い申し上げます。

炎暑ことのほか厳しい折、皆様お元気でいらっしゃいますか。

おかげ様で私どももつつがなく過ごしておりますのでご休心ください。

暑熱耐え難き時節柄、皆様おそろいで、
ご壮健にてこの夏を乗り切られますようお願い申し上げます。

 

 

一般的に使える文例です。

 

そんなに長くもないので使いやすくなっています。

 

「皆様」の部分を「○○様」とすれば個人にも使えます。

 

 

文例②

 

上司に向けての文例

 

 

暑中お見舞い申し上げます

 

連日猛暑が続いておりますが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。

 

平素より何かとお世話になっております上、このたびは忙しい中に休暇をいただきまして大変感謝しております。

 

おかげさまで、【旅行先地名】にて家族と共にのんびり過ごしています。

 

せめてこの爽やかな風がお届けできればと存じます。

 

英気を養い、休暇後は【上司氏名・敬称】のご期待に添うよう仕事に励む所存です。

 

炎暑厳しき折、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。

 

まずは、暑中お見舞いまで。

 

 

少し長いですが、上司に送る文例です。

 

休暇明けの挨拶もこめた分もはいっているので、仕事に対する熱意も感じられる文例になっています。

 

 

文例③

 

ビジネス用の文例

 

 

暑中お見舞い申し上げます

 

いつも格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。

 

連日の酷暑ですが、皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。

今後共なお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

シンプルに短くまとめられています。

ビジネス用ですと、あまり長い文は似つかわしくありません。

短く、挨拶だけにしましょう。

文例④

お中元のお礼・送り状を兼ねて

暑中お見舞い申し上げます

【相手氏名・敬称】には日頃なにかと御配慮を頂き、
ありがとうございます。

さて、先日はお心のこもったお中元の品をお送り頂き、
誠にありがとうございます。

何よりの好物、ありがたく拝受いたしました。

暑さ厳しい折から、御自愛のほどお祈りいたします。

取り急ぎ、暑中お見舞いかたがた、お礼のごあいさつとさせて頂きます。

なお、別送の品は軽少ながら感謝のしるしでございます。

お納め頂ければ幸いに存じます。

お中元をもらったお礼と、そのお返しを送ったことについての
暑中見舞いです。

お礼の品を送るだけでなく、暑中見舞いでも
文章でお礼をしましょう。
 

 

まとめ

 

暑中見舞いの文例や注意点についてまとめましたが、
いかがだったでしょうか。

暑中見舞いや残暑見舞いを出すのは
日本ならではの風習です。

マナーや注意するべき点などはありますが、
そんなに堅苦しく考えずに、「送る」ということに意味があります。

涼しげな絵や模様の入った暑中見舞いをもらうと
夏のもやもやした気分から爽やかな気持ちになれますよね。

暑中見舞いを送る方も、いよいよ夏が来たという
楽しい気持ちになるのでは?

季節感のある俳句を入れることで、さらに風流な印象にすることもできます。

すこし上級者向けですが…

最近は水彩画を手作りするためのキットや
貼るだけでおしゃれにできるシールなども売られているので、
ぜひ心のこもった素敵な暑中見舞いを送ってください♪