iphone用の自撮り棒おすすめはコレ!使い方やコツも紹介

最近レジャーなどに行くとたくさんの人が携帯が先に取り付けられる棒をもっていますよね。

それの正体は「自撮り棒」。

「モノポッド」や「セルカ棒」とも呼ばれている、その名の通り自分撮りがしやすいように販売されている商品です。

なんと、これを使えば場所を問わず集合写真が撮れたり、きれいに自分撮りをすることができるんです。

でも、ただ適当に買って取り付けるだけでは、いい写真は撮れません。

今回は日本でも話題になりつつある自撮り棒についてご紹介しますので、自分にあったものを見つけてください!

iphone用おすすめ「自撮り棒」はコレ!

iphone用のおすすめの「自撮り棒」があるのでご紹介しますね。

ウィッシュ

Bluetooth自分撮りモノポッド

取っ手部分にシャッターがついている自撮り棒です。iphoneだけではなく、他のスマホにも対応しており、更にはデジカメまで取り付けられるすぐれもの。カラーもたくさんありますし、Bluetoothタイプがいいのか、ケーブルに接続するタイプがいいのかでも選べます。お値段がとても安いので心配になるところですが、とても使い勝手のいいのでいろんな場面で活躍できます。

marz

セルカ棒リモコンセット
着脱可能なリモコンがセットになっているタイプです。このタイプの自撮り棒は取っ手にシャッターボタンがついているものよりも安く手にはいります。リモコンタイプのデメリットは持っていくのを忘れると使えないことでしたが、棒に付けて持ち運ぶことができるので、なくす心配がありません。長さが115センチまで伸びるのもおすすめの理由です。

La chou chou

自分撮りスティックコンパクト

かなりコンパクトなデザインです。縮めると22センチと短くなるのにも関わらず、伸ばすと109センチまで長くなります。これなら持ち運ぶ際にかさばるのが嫌な人でも持ち運びやすいのでは?お値段は安いのですが、セルフタイマーでの撮影になるので注意です。

iphone用の自撮り棒の使い方

iphone用の自撮り棒の使い方ですが、自撮り棒には何種類かあるのでそれぞれご紹介します。

まずは、セルフタイマー式

セルフタイマーのアプリをダウンロードして、撮るときにはそれをセットしてつかいます。

自撮り棒自体は軽くて持ち運びに便利ですが、毎回セットしないといけないのが面倒な人もいます。

次に、Bluetooth式です。

iPhoneのBluetoothをオンにして使います。

セットアップが必要なので、あまり機械慣れしていない人には使いづらいかもしれません。

最後は有線式です。

自撮り棒の先にケーブルがついているので、それに接続するだけです。

とにかく操作が簡単なのがメリットです。

デメリットはイヤホンをいつもつけている人が使うときに外したりすることくらいなので、買ったその時から使える便利品です。

それぞれいいところや少し不便なところがあるので、自分の使いやすそうなものをチョイスしてくださいね。

自撮り棒のコツやテクニックの紹介


自撮り棒 コツ

自撮り棒を使うときのコツやテクニックについてご紹介します。

テクニックというよりはスムーズに撮影するためのコツですが、高さを意識するあまり手が写ってしまってはいかにも「自分でとりました!」って感じになってしまいます。

なので腕を下げて、写りこまないようにするときれいに写ります。

また、太陽が眩しくて微妙な写真になりかねないので、あまり上から写すのはおすすめしません。

Bluetoothタイプのものは、使いたいときに使えないと意味がないので、外出する前に接続しておきます。

これでいつでも準備完了!

好きなときに撮ることができます。

そして是非、オススメしたいのが自撮り棒で写真をとるだけではなく、動画をとること。

客観的にとれますし、普段では手の届かない高いところからの撮影が可能なので、ちょっとしたドキュメンタリー風に撮ることができます。

旅行などに行ったときにはぜひ。

まとめ


自撮り棒 使い方

あるようで意外になかった自撮り棒。

最初見かけたときはなんだか不自然だと思いましたが、使ってみるとものすごく便利!

仲間で撮りたいときも人に頼む必要がないし、今まで撮れなかったような景色からとる事が出来るので、撮れた写真を見てびっくりです。

持ち運びも、みなさんが心配するほど邪魔にはなりませんよ。

うまく撮るためには少しコツがいりますが、コツをつかむにはひたすら撮るべし!

すぐに使いこなせるようになりますよ。

早くうまくとれるようになるために、お出かけの時には持ち歩いてください!

あ、でも、充電が必要なタイプは、持っていく時には充電を忘れないようにしてくださいね!

簡単に集合写真が撮れる自撮り棒を使って、旅行やアウトドアにでかけましょう!