補酵素とは?役割や働きや構成について

補酵素とは、何でしょうか?

酵素ダイエットのブームにより、一度は酵素関連の商品を見たことがあるのではないでしょうか。

ダイエット効果だけでなく、健康促進にも効果があると多くの方が酵素を飲んでいます。

酵素の効果は多くの方が知っていますが、補酵素についてはまだ認知度が低いように思えます。

今回は補酵素の役割や大切さをご紹介してきたいと思います!

補酵素の役割や働きについて


補酵素 役割

消化や代謝など体にとって良い働きをしてくれるのが「酵素」です。

しかし酵素単体だけではスムーズに働かない場合もあります。

そこで重要な役割を果たすのが補酵素です。補酵素は別名、コエンザイム、助酵素と呼ばれる場合もあります。

それぞれの酵素にはそれぞれ役割があり、それは私たちの健康維持、活力の源となっています。

ですが、先ほど述べたように酵素だけではうまく働けないものも多くあります。

そういった単体での働きが難しい酵素を助け、よりスムーズに効果を発揮できるようにするのが補酵素です。

補酵素の大半を占めているのがビタミン郡となっています。

補酵素とビタミン群の関係

数多く存在するビタミンの中でも、ビタミンB郡は特に重要で、代謝に関わる補酵素を構成する重要な働きがあるのです。

糖質代謝の代表格はビタミンB1、アミノ酸代謝やタンパク質代謝において大事なのはビタミンB6。

このように補酵素の大半はビタミン郡であり、酵素の働きを高める為にはビタミン郡は必要不可欠な存在なのです!

では補酵素はどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。

ビタミンB1は大豆やニンニクなどに多く含まれています。一日1杯牛乳と同じような感覚で豆乳を飲めば、無理なくビタミンB1を摂取することができますね。

ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変えてくれる働きをしてくれます。これはイワシなどの青魚、納豆に多く含まれています。

またビタミンB3はカツオやアジなどに多く含まれ、脂肪や炭水化物の代謝に大きな役割を果たします。

これらビタミン郡以外にも、マグネシウムといったミネラル分も補酵素を構成する重要な物質です。マグネシウムは糖質や脂質の代謝を活発にさせる働きがあり、海藻や大豆といった食べ物から摂取することが可能です。

これらの食品は普段の生活からも取り入れやすく、身近に手に入るものですね。心がけ次第で毎日バランスよく摂取する事も可能です。

まとめ

今ダイエット目的や健康維持の為、酵素を飲む方が増えてきています。

ですが、せっかく酵素を毎日飲んでいても補酵素が足りなければスムーズに本来の酵素の効果が発揮できません。酵素の効果を十分に発揮するには補酵素は必要なのです。

酵素と補酵素をセットで考えた方が良いかもしれませんね。

毎日の食生活においても少し気にかけるだけで補酵素を十分取れると思います。

是非酵素ドリンクを飲む際は、補酵素の事を気にかけてみて下さい!

補酵素を十分に摂ることで酵素のパワーがより実感できると思います。