横浜市の花火大会が見れる場所は?穴場や予約できるホテルは?

横浜開港祭をはじめとし、今年も横浜市では沢山の花火大会が開催されます。

毎年、花火大会を見るために人気のあるスポットには、多くの観光客や地元の人が集まりますが、この場所が必ずしも花火見学のベストスポットであるとは限りません。

花火大会は当然、どこの地域でも夏の風物詩の代名詞であり、混雑するイベントなので、みんなが知ってる場所はおのずと人混みになってしまいます。ですから、落ち着いて見たい方や静かに見たい方には当然、不向きですよね。

では、いったい何処の場所へ行けばいいのでしょうか?

人混みを避けるのに必死で、肝心の花火が全然見られなくてただ疲れに行っただけ。そんな経験はありませんか?間違って車で来場した日には、交通規制がかかり、普段なら10分で帰宅できるルートなのに、自宅に着くまでに1時間も2時間もかかって、ヘトヘトになった・・・なんて体験をした人も多いのではないでしょうか。

きっと誰もが、絢爛豪華な花火を、心ゆくまでゆっくり、のんびり、静かに楽しみたいと思っているはずですよね。恋人同士、夫婦、家族、友人、仲間と・・・様々なパターンや組み合わせで見る機会が多いですが、出来る事なら人でゴミゴミした場所は敬遠したいのが本音ではないでしょうか。

さあ、今年こそはストレスフリーで、夏の夜を満喫しようではありませんか!

大都市横浜の花火大会 バッチリ見たいけど、やっぱり混んでる?

横浜市 花火大会 穴場

大堂はやはり、横浜開港祭の花火です。

「じゃらん」や「るるぶ」などの観光雑誌では、ベストスポットとされてるのは臨港パークでしょうか。しかし、気絶するほど混みます。とてもじゃないですがベストどころか、バッドです(汗)。

混雑からは、まぬがれませんが山下公園や、マリンタワーなども人気の場所です。気絶する事はないと思いますが、それでもまだまだ人気スポットなので、歩くだけで他の人にぶつかる事もしばしばあります。もう少し落ち着いた場所を探したいなら・・・

メイン会場から少し離れたところでは、外人墓地のライトアップも美しいですし、港の見える丘公園付近もオススメです。その昔、あぶない刑事のロケをやたらやっていた赤レンガ倉庫も、今やロマンチストさんには、すてきなシチュエーションだと評判の場所になってるんです。

他に代表的な花火大会は、神奈川新聞主催のものがあります。

有料席を予約する事によって、安心して、ゆっくりと観覧できるので、家族連れには好評です。

どこの会場もそうですが、車での来場はおすすめできません。毎年、駐車場探しで右往左往する家族の様子がテレビで紹介されますよね。小さい子供を連れての移動が大変なのはわかりますが、この時だけは電車などの公共機関を利用すべきです。

また、車での来場も大変ですが、花火大会はとかく「交通規制」がかかるので、帰宅の際にも時間がかかります。普段なら10分で帰れる場所であっても、交通制限にひっかかったら、帰宅するのに1時間以上かかった!なんて事もしばしば耳にしますので、車を使った移動手段は控えた方が賢明です。

あきらめちゃダメ!きっとあるはず!穴場はどこ?

横浜市 花火大会 ホテル予約

今や「花火大会」の代名詞にもなりつつある混雑状況ですが、せっかくの夏の風物詩をやはりゆっくり楽しみたいですよね。しかし、こうなると、穴場はあるのか?隠れスポットはあるの?となりますよね。

さすがに、誰もいないところで花火を独り占め…と、いうまではいきませんが、先に紹介した「有料席で観覧できる」というのは、かなり良い方法だと思います。もちろん、有料予約席が用意されてて、販売されてる事が条件にはなりますが。

最近では花火大会の混雑状況を主催者側も安全など考慮してか、有名各コンビニで、手続きをすれば誰でも簡単に席を取る事が出来るチケット販売を行ってる場合が多いです。

しかしながら有料席にも数に限りがあるので、すぐにソールドアウトや売り切れになる場所も続出してますが・・・。

有料予約席以外では、普段は近隣住民のいこいの場所として親しまれている、横浜ポートサイドの公園は、かなりの穴場といえます。

そうそう、野毛山公園から偶然花火を見たことがありましたよ。周りの人も「あ、花火だ」と言っているくらいでしたから、あまり花火見物目当ての人はいなかったのでしょう。

展望台などを利用したら、もっとよく見えるのではないかと思いますが、かなり遠い距離での見学になってしまいますので、そこは最初から覚悟しておきましょう。

夢の夜の余韻に浸れるホテルに泊まる

港町横浜の夜景を見ながらの花火・・・なんて素敵なんでしょう。

憧れのホテルの上階層でワインを片手にカップルや夫婦で・・・今年は少し奮発して、こんな過ごし方も良いですね。

そんな花火が打ち上がる様子や横浜の夜景が見える楽天で人気なオススメのホテルを紹介しますので、参考にしてください。

○ホテルモントレ横浜

山下公園側の部屋を予約してください。部屋によってはまったく花火が見えないので、花火大会限定のプランが毎年人気です。ただし、競争率高し。朝食の厚切りトーストのおいしいこと。

○横浜ロイヤルパークホテル

「天空の・・・」が流行りですが、まさにこのホテルは天空のホテルの名にふさわしく、晴れた日には、なんと房総半島まで見えてしまいます。ランドマークタワーの最上階と聞いただけで胸が高鳴りますね。

○インターコンチネンタルホテル

私の父親が建設に従事しました。おかげで何度も宿泊♪してます。特徴のある美しい外観は有名ですね。お部屋での観覧はもちろん、スパからも大輪の花火を見る見ることができます。余談ですが、オリジナルのカップラーメンが各部屋に置いてあります。

まとめ

横浜市 花火大会 場所

横浜市で開催される花火大会で有名なのはやはり・・・

横浜開港祭や神奈川新聞社主催の花火大会です。その他にも様々な場所や地域で行われていますが、そのどれもが混雑を回避するのは非常に大変でもあります。それだけ人気のある夏の風物詩ですから・・・。

楽しみ方は人それぞれ、一緒に行く人も様々ですから、どんな見物の仕方にしようか?どうしても近くで見なきゃダメなのか?遠くてもいいから静かに見たいのか?お金を払ってもいいから有料席でリッチに豪華に見たいのか?見に行く前からある程度のステータスを一緒に見に行く人と考えておいた方が、当日焦らなくていいかもしれませんね。

自分たちに合った花火の楽しみ方が必ずあるはずなので、探ってみるのも面白いですよ!みんなでホテルでワイワイしながら打ち上がる花火と横浜の夜景を見る!なんていうシチュエーションも楽しそうですよね。

ずっと前の時代から変わっていないもの、それはみんなの幸せと希望です。真夏の夜を彩る大輪の花。今年も素敵な思い出になるよう、笑顔の花を咲かせられるといいですね。