花火大会

鹿沼市の花火大会が見れる場所は?穴場やホテル予約も知りたい!

 

栃木県にある鹿沼市花火大会についての関連情報をご紹介していきたいと思います。

 

夏になると日本の風物詩花火大会、首都圏を始めとして、関東、そして全国で花火大会が開催されます。花火は心が癒されますよね。毎年夏前になると「花火大会特集」の雑誌も発売されます。

 

また忘れてはいけないのは花火大会につきものの屋台ですよね。屋台で食べる食べ物って何であんなに美味しいのでしょうか。私は屋台が大好きです。子供の頃から食べていたソースせんべいは今でも食べてしまいます。屋台の食べ物は子供から大人まで楽しめますよね。

 

 

そして、花火大会、屋台ときたら、次は浴衣ですよね。やっぱり浴衣を着て花火大会に出かけたいですよね。

 

今回は、都内から新幹線に乗れば1時間ちょっとの場所にある栃木県の鹿沼市の花火大会についてお話したいと思います。

 

鹿沼市はつつじのお花の産地でも有名な場所ですが、鹿沼市の花火大会もとっても人気なんですよ。是非、参考にしてくださいね!

 

 

 

鹿沼市の花火大会が見れる場所や混雑状況について

鹿沼市 花火大会 場所
さつきの産地で有名な栃木県、さつきのお花はとっても綺麗ですよね。春になると至る所でさつきの花が咲きます。甘い蜜の匂いがしてとっても綺麗で心が癒されますよね。

 

そしてこのさつきは栃木県が産地です。知らなかった人も多いでしょう。勿論、さつきの花以外にも有名なものがあります。

 

それは、鹿沼市で開催される花火大会です。花火大会というと東京や神奈川近辺を想像してしまう人も多いですが、実は北関東も花火大会には力をいれているんですよ!その中でも鹿沼市の「鹿沼さつき祭り花火大会」のには多くの人が足を運んでいます。

 

鹿沼さつき祭り花火大会は、さつきのお花に合わせて花火大会の時期も早いです。花火大会といえば夏の風物詩だから殆どの花火大会は7月から8月にかけて各地で開催されますが、鹿沼さつき祭り花火大会は5月の最終土曜日から6月初旬までの間に花火を見る事が出来ます。さつきのお花に合わせての開催なので花火大会も早い時期に開催されます。

 

早い時期なので違和感を抱いてしまうかもしれませんが、春と初夏の間の季節に花火を見るのもこれまた素敵な事ではないでしょうか。真夏の花火大会と違って蒸し暑くないのですごしやすいですよね。

 

そして驚くのは花火の打ち上げ数です。その数約1万2先発です。実はこの本数、東京湾の花火大会の打ち上げ本数とほぼ変わりません。そう考えると大規模な花火大会というのが分かりますよね。

 

また、鹿沼さつき祭り花火大会の来場者は約20万人に対して、東京湾の花火大会は約70万人です。花火の打ち上げ本数は変わりませんが来場者数は1/3になりますね。

 

同じ花火の打ち上げ本数でも来場者が少ない方がゆっくりと見れると思いませんか?また都内から新幹線に乗れば1時間ちょっとでいけるのも便利ですよね。

 

さて、鹿沼さつき祭り花火大会の会場ですが、会場は河の両岸になります。ですので観覧するのは土手になります。土手だと芝生もありますし、レジャーシートを持参しても良いですよね。

 

また、傾斜があるので寝転びながら花火を見る事が出来ます。普段と違う角度から花火を見ても楽しいでしょう。

 

そして、花火大会といえば屋台ですよね。屋台で食べる焼きそばやお好み焼きって格別に美味しいと思いませんか。沢山の屋台が出店しますので花火を見ながら屋台で買った食べ物を食べる、日本でしか味わえない風物詩ですね。

 

昼間はさつきのの展覧会に足を運び、夜は花火大会に足を運ぶ、満喫出来る1日だと思いませんか。さつきの展覧会では愛好家達が大事に育てたさつきを見る事が出来ます。しかも全国最大級のイベントと言われているので見る価値ありますよね。

 

都内から電車でも車でも行ける距離の栃木県、その栃木県で開催される鹿沼さつき祭りの花火大会、1日楽しめる場所なので家族連れは勿論の事、デートにも最適の場所です。

 

是非一度足を運んでくださいね。楽しめる事間違いありませんよ!

 

 

 

鹿沼市の花火大会が見れる穴場スポット

鹿沼市 花火大会 穴場
今年の花火大会、穴場スポットで花火大会を見てみませんか?「いつも花火大会って人が多くて後半は疲れちゃう」って人多いですよね。私もいつも花火大会に行くと帰る頃には人の多さに疲れてしまいます。

 

ゆっくりと見れる場所があったらいいなって何度も思った事です。そこで、今年の鹿沼市の花火大会は穴場スポットでゆっくりと花火を鑑賞しませんか?穴場スポットについていくつかご紹介しますので参考にしてくださいね!

 

鹿沼市の花火大会と言えば「鹿沼さつき祭り花火大会」が有名です。規模も大きく凝らした花火を見る事が出来るという事で年々人気の花火大会になっています。殆どの来場者の人達が花火が良く見れる河の両岸の土手に集まります。

 

勿論、土手はとても広い場所ですが人が沢山くれば当たり前ですが混雑します。そこでおすすめしたい穴場といえば、「朝日橋周辺」です。

 

実は朝日橋は花火が打ち上げられる場所なので大迫力の花火を見る事が出来るんですよ。間近で花火が打ち上げられる所って意外と見た事ない人多いですよね。穴場スポットでしかも間近で見られるのであれば是非行く価値ありますよね。

 

但し、打ち上げ場所なので花火大会が始まる1時間ちょっと前から交通規制が入りますので車でこの場所に行くのは止めましょう。また、音も凄いので小さなお子様がいる家族連れにはこの穴場スポットはおすすめできません。

 

大きな音でお子様が驚いてしまいますからね。では、小さなお子様がいるご家庭におすすめの穴場スポットをご紹介したいと思います。

 

それは、ちょっと花火大会の場所から少し離れますが「鹿沼市文化活動交流館」という場所です。実はここはまだあまり知られていない穴場スポットなんですよ。

 

なので、小さなお子さん連れのご家族にはおすすめの場所です。お子さんが花火の音で驚いて泣いても他の方に迷惑もかけないですし、また鹿沼市は高層ビルがありません。その為、会場から少し離れた鹿沼市文化活動交流館からとても綺麗に見れるんですよ。何よりあまり知られていない穴場スポットなので本当にゆっくりと花火を堪能出来るんですよ。ご家族連れの方にとてもおすすめな穴場スポットです。

 

また、屋台が多く出店されている土手には穴場スポットってないの?って思う方もいるでしょう。屋台の近くで更に穴場スポットがあったら嬉しいですよね。

 

実はあるんですよ。これもあまり知られていませんが、土手には花火大会の運営本部のテントがあります。運営本部なので花火を見て状況をいち早く確認しなければいけないのでベストポジションにこのテントが設置されているんですよ。

 

実はその横が穴場スポットと言われています。テントの近くだとテントがあって見づらいと思い、少し離れた場所に場所を取る人が多いですがそれは大きな間違いですよ。実はそのテントの横こそが穴場スポットなんです。是非試してみてくださいね。

 

花火大会、本当に沢山の人が来場します。そんな時、ゆっくりと花火を堪能したいのであれば是非今年はおすすめした穴場スポットに足を運んで見てください。ゆっくり花火を見る事が出来ますよので。

 

 

 

ホテルを予約するならココがお勧め!!

鹿沼市 花火大会 ホテル
栃木県まで花火大会を見に行くなら、どこかに一泊して行きたい!という人もいるでしょう。また花火大会直前になるとホテルや旅館はどこも満室になってしまいますよね。

 

今年は事前にホテルや旅館をチェックして早めに予約してみませんか?事前にホテルや旅館を予約すれば楽しい旅になる事間違いない宿泊先をご紹介したいと思います。参考にしてくださいね。

 

最初の宿泊祭は「ニューサンピア栃木」です。
このホテルは洋室そして和室、また和洋室を取り揃えているので、シングル、カップル、そして大家族でご宿泊されても楽しめるホテルです。また、忘れていけないのが温泉です。旅行したら温泉に浸かりたいと思うのが日本人、日本人は温泉が大好きですよね。ニューサンピア栃木では「華ゆらり」ととよばれる温泉施設があります。華ゆらりには、大浴場は勿論、サウナやマッサージバス、そして休憩所があります。1日いても飽きない場所ですよね。鹿沼市の花火大会に行ったら是非宿泊してくださいね。

 

次の宿泊先は「竹澤旅館」です。

 

昔を感じさせる旅館ですが実はこの旅館の最大の魅力はなんといっても栄養満点の手料理!宿泊した人の殆どが旅館の手料理の味、そしてボリュームに驚かされています。また、大浴場もあり、24時間利用出来ます。女性に嬉しい美肌湯なのもポイント高いですよね。また宿泊料金もとってもリーズナブルです。宿泊料金はリーズナブルで美肌効果のある温泉、そして美味しい手料理、申し分ない宿泊先ではないでしょうか。

 

最後にご紹介する宿泊先は、鹿沼市からは少し離れますが宇都宮にある「スーパーホテル宇都宮 天然温泉益子の湯」です。

 

例えば花火大会を鹿沼市で見た後、宇都宮まで戻ってきてそこで一泊するプランです。また宇都宮といえば「餃子」ですよね。餃子がとても有名な街でどのお店に入っても外れがないと言われている程、餃子の美味しいお店が沢山あります。鹿沼で花火大会を見て、夕飯は宇都宮で餃子を食べて、そしてスーパーホテル宇都宮 天然温泉益子の湯でゆっくり温泉に浸かるプランなんて素敵だとおもいませんか。1日を思いっきり満喫出来ますよね。

 

花火大会が終わった後、そのまま家路につくのではなく、ホテルに泊まって花火大会の余韻を楽しみながら温泉に浸かり、そして美味しい食事をする、とっても素敵なプランですよね。

 

花火大会の直前は満室になる事も多いのでお早めにご予約をおすすめします。今回ご紹介した3件の宿泊先はお一人様、カップル、そしてご家族、どなたがご利用しても安心して滞在できる宿泊先です。是非、参考にしてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

 

花火大会というとどうしても近場で済ませてしまう事って多いですよね。実際私もそうでした。都内に住んでいたので都内もしくは神奈川県の花火大会に夏は足を運んでいました。

 

都内は何処の花火大会に行ってもとにかく来場者数が多くて、人疲れしたのも事実です。

 

今回鹿沼市は都内から新幹線に乗れば1時間ちょっとで行ける場所、しかも5月下旬に花火大会が開催されます。夏の暑い時期ではなく春を感じながら、初夏を感じながら花火を見られるのはとても素敵ですよね。

 

また、来場者数も都内に比べたら少ないのも魅力だと思いませんか。

 

さつきのお花も見る事も出来、また花火も見る事が出来る、鹿沼市って凄い市なんですね。今年は都内の花火大会より一足お先に見られる鹿沼市の花火大会に出かけてみましょう!