花火大会

仙台七夕祭りの由来や歴史は?前夜祭や花火大会の情報も紹介!

 

仙台七夕祭りの由来や歴史、仙台七夕祭り前夜祭や花火大会の情報を紹介していきます。

 

8月6日から8日までの3日間、東北三大祭りの一つ仙台七夕まつりが行われます。

 

一番町や中央通りなどのアーケード街、仙台駅周辺では大型の豪華絢爛な七夕飾りが見られます。

 

また商店街ごとの飾りや店舗、家庭などの飾りを合わせると三千本にもなると言われています。

 

8月6日の前夜祭には仙台七夕花火祭が行われ1万6千発の花火が東北仙台の夏の夜空を彩ります。

 

震災後深い祈りとともに開催されている仙台七夕まつりの由来、前夜祭仙台七夕花火祭の会場や日程を紹介します。

 

 

仙台七夕まつりの由来

 
仙台 七夕祭り 由来
 

6日に行われる「仙台七夕祭り」もかつては旧暦7月7日晩に七夕が飾られ8日朝に川に流されていました。

 

第7代藩主伊達重村公の時から旧暦7月6日晩に飾り7日の朝に流すように一日繰り上げられました。

 

しかし所によっては、6日晩に彦星と姫星とを祭り笹竹に短冊を飾って手習・手芸の上達を願いました。

 

農村では藁で田の神さまの乗馬となる七夕馬を造り屋根に飾って豊作を祖霊に祈ってもいました。

 

仙台では、七夕の竹は物干竿に使い笹は7日朝飾りをつけたまま広瀬川に流して、人々は水を浴び洗い物をするのが習いでした。

 

七日浴(なぬかび)とも七日盆とも呼び盆祭りのみそぎをする日だったのです。

 

また青森ねぶた祭りや秋田の竿燈祭りは神さまを送る祭りですが、「仙台七夕まつり」は田の神を迎える祭りとして伝えられてきました。

 

たびたび襲ってくる冷害を乗り越え豊作を願う神さまへの祈りが七夕まつりを伝えてきたのです。

 

「七夕さんいつござる、来年の夏またござれ」と美しい七夕飾りが仙台の夏を彩ってきました。

 

 

絢爛なる七夕飾り

 

 

吹き流し「くす玉」の始まり

 

七つ飾りの一つ吹流しの頂きには大きなくす玉が付けられています。

 

くす玉はもとは亡き人の霊を慰めるために笊に飾る紙の花でした。

 

それを森天祐堂のご主人森権五郎さんが庭に咲くダリヤの花のように七夕を飾りたいと考案されたのです。

 

昭和21年に京花紙を竹籠に貼って丸く飾ったのが始まりです。

 

今では吹き流しになくてはならないものになっています。

 

豪華絢爛な笹飾り

 

仙台七夕まつりといえば豪華絢爛な笹飾りです。

 

8月4日早朝、商店街ごとに10メートル以上の竹を切り出し小枝を払って用意しています。

 

飾りの内容は当日まで公表せず8月6日朝8時頃から飾り付けが始まります。 商店街ごとに飾り付け審査を行い、金、銀、銅の各賞が発表され、飾りには各賞のプレートがつけられます。

 

仙台七夕の七つ飾り

 

10mをも超える七夕にしつけられる七つ飾り。

 

七つの飾りには深い祈りと願いが込められていました。

 

短冊は学問や書の上達を。

 

紙衣は病や災いの平癒と裁縫の上達を。

 

折鶴は長寿を願い。

 

巾着は富貴を願い

 

投網は豊漁を願い。

 

くずかごは清潔と倹約を願う。

 

吹き流し(くす玉)は織姫の織り糸の象徴。

 

 

仙台七夕花火祭の会場と見どころ

 
仙台 七夕祭り 花火大会
 

「仙台七夕花火祭」は「仙台七夕まつり」の前夜祭として前日の8月5日に開催されます。

 

主催は仙台青年会議所。

 

打ち上げ場所は仙台市都心部の広瀬川仲ノ瀬緑地運動広場。

 

2014年は東北大学百周年記念会館萩ホールに変更されました。

 

1万6000発の花火が打ち上げられます。

 

仙台七夕花火祭の特徴は都市の中心部でありながら大規模な花火大会が行われるところ。

 

市内を流れる広瀬川の河畔から打上げられる花火を360度全方位から観賞できる。

 

花火師はシドニーオリンピック閉会式の世界五大陸花火・アジア代表の芳賀火工です。

 

約50万人の観客が訪れています。

 

西公園内には出店が並び「お祭り広場」や櫻岡大神宮管轄の縁日などもあります。

 

会場は仙台市都心部の高層ビルや高層マンションからも一望できるロケーションで全方位から観賞が楽しめるのです。

 

仙台空港からの花火遊覧飛行と贅沢な選択もあります。

 

2014年 仙台七夕花火祭

 

8月5日(火) 19:00~20:30(予定)

 

雨天の場合 8月9日(土)に順延

 

会場 東北大学百周年記念会館萩ホール

 

 

まとめ

 

 

青森ねぶた祭りや秋田の竿燈祭りと並んで東北三大祭りの一つである仙台七夕まつりの起源は、伊達政宗公の時代までさかのぼり、豊作を祈る七夕の祭りとして連綿と伝えられてきました。

 

現在では豪華絢爛な七夕飾りがシンボルともなり、県内外から毎年約200万人の観光客が訪れています。

 

震災後七夕飾りは復興を願う人々の思いを現すようにもなりました。

 

前夜祭仙台七夕花火祭では16000発の花火が東北仙台の夏の夜に大輪の花を咲かせます。