花火大会

真駒内の花火大会が見れる場所は?穴場や予約できるホテルは?

 

北海道札幌市南区の真駒内で行われる花火大会の場所や穴場スポットとについて紹介していきます!

 

また、真駒内は札幌市中心部から離れているため、ホテルの宿泊施設を予約する場合、どの様に探せばいいか、実は迷う方が意外に多いのです。

 

そこで、真駒内花火大会を見るための、お勧めのホテルや宿泊施設の情報も紹介しちゃいますね!

 

 

 

 

北海道の夏は昔は短かったんですが、今は異常気象なのか天候の変化なのかわかりませんが、北海道といえども、7月から9月初めまでは夏日になる日が多く、以外にも夏が長くなりつつあります。

 

そんな北海道の夏の夜空を彩る真駒内の花火大会、近年では有名なイベントになってきているので、皆さんもチェックが必要ですよ~!

 

 

 

おすすめ!真駒内花火を満喫しよう!


hokkaido2

北海道札幌市南区真駒内にある、セキスイハイムスタジアムで毎年7月に開催されるこの花火大会は、約20000発の打ち上げ花火、音楽、照明、炎を織

り交ぜた新しい演出の花火大会です。

 

約1万3000人でにぎわうこのイベントは、飲食ブースも数多く出店され、ご当地ゆるキャラにも会えるチャンスもあるので、花火大会というよりも、お祭りに近い雰囲気の中でおこなわれている行事です。

 

1万3000人を動員するこのイベントでは、大変な混雑状況にもなります。くれぐれも車での来場は駐車するのも出るのも大変なので、各交通機関を利用した方が便利性が良いでしょう。地下鉄やバスなどは花火大会のために増便されたり、専用バスなど出るので、とても便利です。

 

せっかく足を運んだのに、場所が悪くて見えなかった。チケットを購入出来ず断念した・・・なんてことは絶対避けたい!そこで、快適に賢く真駒内花火大会を楽しむ為の作戦を考えてみました!!

 

まず、スタジアムという場所で開催されるこの花火大会は、5月末ごろから前売りチケットが販売されます。チケットはチケットぴあ、ローソン、イープラスで購入できるのですが、参加した方々の情報も付け加えると、スタンド席が一番快適に、綺麗に鑑賞出来ます。

 

スタンド席は指定席で3000円、自由席で2500円。小学生以下はひざ上1人で無料です。しかしながら、動員数には限りがありますし、バスツアーなども企画されているので、チケットを買えなかった!という声もたくさん聞かれました。やはり有料席はみ晴らしはいいのですが、限定数があるので予約券のの購入は激戦になったりしますからね。

 

では、スタンドチケットを買えなかった場合はどこで見るのがベストなのでしょうか。

 

 

 

会場以外で楽しむ、穴場スポットを探そう!

真駒内 花火大会 ホテル

有料の予約席チケットが変えない場合、まずは真駒内公園がベターです。

 

セキスイスタジアムと同じ敷地内にあるこの公園だったら、限りなく近い臨場感は味わえます。

 

敷地がかなり広いので、たくさん人が集まるとはいえ、ゆっくりと座って見るだけのスペースは確保出来ますし、野外音楽やコンサートも開かれるほどなので、音や音楽、花火特有の匂いなんかを楽しみたい人には実は非常に良い場所です。

 

その次は、イオン藻岩店ですね。

 

イオン藻岩山店は、屋上を開放し、屋台なども出してるので非常に賑やかです。

 

ショッピングモールなので、お手洗いなどの心配も必要ないですし、藻岩山展望台という事で場所も高いのでよく見えます。

 

スタジアムはもちろんの事、周辺施設や道路には交通規制がかかっており、基本的には自家用車でのアクセスは禁止となっています。しかし、このイオン藻岩山店は車でも自由に入れるんです!

 

展望台というだけあって、花火だけではなく、札幌市内の夜景も楽しめてしまうという、これぞ本当の穴場かもしれませんね!

 

ただ、屋上なだけに公園ほど広くないのでかなり狭い感じは否めないですし、最近では人気の場所として知られてきていて、少なからず混雑してきています。行く時は早めの場所確保を!!

 

 

 

遠方からでも大丈夫?宿泊施設の紹介!

 

 

真駒内の花火大会がある場所のセキスイスタジアムからは、アパホテルが一番近いです。ホテルからセキスイスタジアムへのアクセスも、地下鉄を使うよりも歩いて行った方がスムーズに行ける場合もあります。

 

また、チケットを購入出来なかった方も、アパホテルに宿泊するのであれば、ホテルから花火が見られるというメリットもあります!もちろん、スタンドや公園で見るよりは臨場感が薄いですが、見れないよりは・・・いいですよね!

 

また、真駒内エリアから近いのが、定山渓温泉なんです。

 

地下鉄真駒内駅から、バスで最短42分にある温泉街のホテル。「札幌の奥座敷」と呼ばれるほどの古風な佇まいを感じさせる温泉街です。

 

定山渓温泉の中でも、宿人気ランキング上位に必ずランクインしているのが、定山渓ビューホテル

 

宿泊費が1人1泊約6000円~からで金額がリーズナブルですし、温泉はもちろん、ラグーン王国という温水プール施設を完備していて、子供連れの家族には大人気なんですね。

 

 

そして同じ価格帯で人気なのが、定山渓グランドホテル瑞苑

 

こちらは定山温泉最大の露天風呂と、お食事がおいしく、価格の割に部屋が広くてくつろげるのが魅力なんです。口コミ評価も抜群に良いです。

 

 

定山渓温泉から札幌駅までは、無料の送迎バスを出している宿も多く、交通に困る事がないので、花火大会で楽しみ、温泉でくつろぐ!なんて言う計画も良いのではないでしょうか!

 

 

 

まとめ

真駒内 花火大会 場所

 

さすがに北海道らしく、広い公園で見れる特徴があるので、それほど混雑しないでゆっくり見れるのは嬉しいです。

 

ただ、そうは言っても交通規制はかかりますし、人の流れは大変混雑しています。花火大会に向かう交通機関の地下鉄やバスは人ごみで混雑してますし、会場に入ったり出たりする時も混雑します。

 

しかし、いざ真駒内花火大会が始まりましたら、隣の人との距離を考えることなく見れる環境はやはり北海道ならではですね。

 

真駒内花火大会は、過去4回の開催というまだまだ新しいイベント行事なんです!

 

元々、チャリティの目的で始められたという事もあって、関心度や注目度も高いので、これから先、全国的にも知名度の高い花火大会になっていきそうです!

 

夏の北海道へお出かけの際は、この真駒内花火大会もプランに加えてみてはいかがでしょうか?きっと素敵な思い出作りが出来るはずですよ!