父の日のプレゼント!60代の父への「おすすめランキング」

父の日プレゼント、今年は何にしようかな?と悩んでる方もたくさんいると思います。

毎年やってくる父の日や母の日にギフトを選ぶのは楽しみでもあったり、いつもと違った工夫を施してみたり、マンネリにならないように考えたり、人それぞれ色々と環境や状況が違うと思いますが、父への贈り物の選び方や、周りがどんな物をプレゼントしてるのか探ってみたいと思います。

私も今年はサプライズしたいですね!

母の日のであればカーネーションを中心とした「花」が定番ではあるのですが、父の日の定番商品って、実はありそうで無いんですよね。

60代であれば、まだまだ働いてる父親もいるでしょうし、サラリーマンも定年になり退職して自由に暮らしてるお父さんもいるので、ニーズに合わせた贈り物を選ぶのがポイントでもあります。

1年に一度きりの「父の日」ですが、今回は父親が60代の方に向けたおすすめのプレゼントをランキング形式で紹介したいと思います!

プレゼントの選び方と注意点


父の日 プレゼント
まずは父の年齢が「60代」と言う事を踏まえた上でのプレゼントの選び方や注意点を確認しましょう。

60代の父親の場合、まずは今現在「働いている」か「働いてない」かを当然確認しておきましょう。

同居してる場合はお互いの事を良く知っていると思いますが、離れて暮らしてる場合には、父の現在の状況や環境を詳しく知っておく事が必要です。

まだサラリーマンを続けてると思ってネクタイを贈ったら、すでに会社を辞めていた・・・なんて場合であればネクタイが必要ない物になってしまい、気まずくなりますよね。ですから、父の今の現状や環境を正しく知っておくことは大事です。

また、プレゼントの選び方としては父が60代の場合、基本的に「実用的な物」がやはり喜ばれると思います。

男にとって仕事はライフワークでもありますから、働き盛りのお父さんであれば、なおさら、仕事用の作業着や下着、手袋や帽子など、身につけてもらえる物は重宝するでしょう。

また、何か趣味を持ってるお父さんならば、その趣味に関連したギフトがあれば、積極的に選んであげたいですね。

例で言えば、盆栽が好きなら盆栽専門のハサミとか、釣りが趣味なら竿とかリール、ゴルフが好きならクラブや手袋など、男の趣味はかなりハマってる場合が多いので、お父さんにリサーチして買ってあげるのも良いプレゼントの選び下ですよ。

60代の父へのプレゼントおすすめ人気ランキング

60代の父へ贈る「父の日のプレゼント」おすすめ人気ランキングを紹介しますね!

第3位 仕事着や下着などの身に付けれる物


父の日 ギフト
あらかじめ父の下着や服のサイズを母に聞いておく必要がありますが、仕事に着れるジャージや作業着、シャツやパンツ、靴下などの下着セット、帽子や靴などもスタンダードだと思います。

働いている、働いていないに限らず、普段から家で着れる様な服装やパジャマ、スエットなども定番ですし、ちょっと変わったところでは、お風呂上がりに着れるガウンなど驚かれるのではないでしょうか!

まあ、お父さんによっては恥ずかしくて着てくれない場合が想像できますけど(汗)。

お父さんって、以外に自分で下着を買わないものです。お母さんに買ってきてもらうまで、すり切れた様なシャツとか靴下とか平気で履いてるので、だらしない!とか思っちゃうんですが、父親ってそういう生き物だよって母が昔言ってた事がありましたが・・・(汗)。

予算的にもオーソドックスな平均的金額で済みますし、毎年、父の日は下着や服でいいかもよ!(笑)

第2位 温泉や旅行をプレゼント


父の日 プレゼント 温泉
働きづくめのお父さん、働ききったお父さん・・・今の立場や状況、環境もあると思いますが、お父さんにも、ゆっくりのんびり出来る「休み」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか!

60代男性であれば「温泉」とか好きなお父さんが本当に多いです。うちの父も大好きで、一人でも日帰りで行ってます。


しかし、ここでは予算に余裕があれば、お母さんと二人きりでの「温泉旅行のプラン」なんてどうでしょうか?

お父さんとお母さんが二人きりで旅行や温泉に行く家族って、本当に少ないですよね。あったとしても。買い物くらいで当然日帰り。そこを美味しい食事と温泉の付いた宿やホテルを予約してプレゼントしたら・・・絶対、喜んでくれます!

ただし、金額的な事もあるので「父の日」と「母の日」を兼用しながらプランを組んでがベストだと思いますし、計画的な物を贈ってあげるのって、驚きやサプライズ感があっていいですよね~。

もちろん、温泉に限らず、観光名所や以前から気になってた場所への旅行など、ここも調査が必要な部分ではありますが、予算が大きくなりそうな場合は、兄弟が何人かいる場合は、兄弟みんなでお金を出し合って、合同でプレゼントするのも感動されますよ。

第1位 父親が今、一番欲しい物

父親が今一番欲しい物を聞いて買ってあげたり、一緒に買いに行く事です!

父に欲しい物を直接聞けいない!っと思われるかも知れませんよね。

直接「父の日に何が欲しい?」と質問してもお父さんは当然答えてくれないでしょう。「別に欲しいものなんて無いよ。」とはぐらかされて終わりのパターンになります。

ですから、「お母さん」に聞くんです!

回り口説くはなりますが、母にお願いしてお父さんの欲しい物をリサーチしてもらうんですね。


お母さんがダメならお父さんの友達などに頼んでもいいかもしれません。私も母にお願いして父の欲しい物を聞き出した事がありますが、その時は「釣竿」でした。

daiwa(ダイワ)のリールとセットで10万近くする金額の釣竿セットだったんですが、そこまでお金をだせなかったので、釣竿だけ買ってプレゼントしましたね。

それでも3万円以上したので、「父の日を3年分まとめてプレゼント!」と笑いながら話して贈りました。

お父さんも、とっても欲しかった釣竿らしく、物凄く喜んでくれましたし、今では釣りに行くたびに大切に持って行って魚を釣ってきてくれます。

ずーっと使ってもらえるアイテムも中々良いですね。

父の日と還暦祝いは同じ日にするの?


父の日 還暦
60代の父の日のプレゼントについて紹介してきましたが、ちょうど60歳で還暦を迎える父への還暦祝いと父の日のお祝いは一緒に行った方がいいの?と言う質問をよく耳にします。

結論から言うと、基本的に「還暦祝いは父の誕生日」に行います。

ですから、父の日と一緒にはお祝いしません。

ただし、これはあくまで一般論で、全てのお祝いをまとめて行う、行わないはその家族や兄弟で集まって決める事です。

当然、予算や金額、日程の関係、みんなの都合もあるので、特にこうしなければならない・・・といった決まり事はありません。

父の日と還暦祝いを比べたら明らかに還暦祝いの方が盛大に執り行いたい行事でありますから、父の誕生日に合わせて計画した方が無難ではあります。そうなれば、その年の父の日のプレゼントはを少し抑えて贈ると良いでしょう。

まとめ

還暦を過ぎた60代の父親に対する父の日のプレゼントは、お父さんの趣味を中心に選び方やアイテムを考えてあげると間違いなさそうですよね。

また、お父さんに限らず多くの男性は趣味がある場合、専門的にのめり込んでる人が多いので、知識も豊富ですから、一緒に買いに行くのも良いと思います。

一緒に買い物に行く場合、家族で食事を兼ねて、お父さんの欲しい商品をその場で買ってあげるのも失敗はないですし、孫などがいる場合、さらに楽しい1日になるのではないでしょうか。

そして、ここでもう一つサプライズを計画してはどうでしょうか?

「父に対する感謝の手紙」を書いてプレゼントに添えてあげるんです!

もちろん、その場で読み上げたりすると父も恥ずかしかったり照れ臭くなったりする場合が多いので、「帰ったら読んでね!」と一言付け加えてあげるといいですね。

普段言えない感謝の気持ちを手紙に託して伝えたら、お父さんにとっては絶対忘れられない最高の「父の日のプレゼント」になるはずです。出来れば、兄弟みんなで一言、お父さんへ感謝の言葉を書いてあげましょう。

1年に一度の「父の日」ですから、一番大切な気持ち、日頃の感謝を伝えてあげてほしいです。

「お父さん、いつもありがとう!」この一言を添えてプレゼントを渡せたら喜ばしいですよね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする